熊谷市ソフトテニス連盟

概要

ソフトテニス連盟(軟式庭球連盟)の歴史は、戦前の「鯨井牛乳」のテニスコートでの活動が始まりでした。

昭和22年 熊谷市体育協会創立と同時に熊谷市軟式庭球連盟が創立され日向茂重郎氏が会長に小池善吉氏が理事長に就任
昭和23年 市役所駐車場に2面のコートが作られた
昭和28年 津久井・長島組(熊谷女子)が全日本高等学校軟式庭球選手権大会優勝
昭和32年 星山春雄氏が理事長に就任
昭和36年 市立体育館北側、現在の文化センターの場所に4面のコートが設置、その後6面となる
昭和38年 「早起きテニス教室」が開講
昭和40年 衣川幸一氏が会長に西塔克美氏が理事長に就任
昭和44年 日本軟式庭球連盟優良団体表彰受賞
昭和48年 現在の地に10面のコートが新設された
昭和50年 コート2面が増設され12面となる
昭和53年 6面のコートが増設され18面となる
昭和55年 松本富男氏が会長就任 第1回総理大臣杯全国ママさん大会開催
昭和59年 第1回木島杯争奪壮健大会開催
昭和60年 澁澤良治氏が理事長に就任
平成 2年 クラブハウス・観覧席改築
平成 4年 埼玉県しらこばと賞受賞
平成 7年 Aコート6面にナイター設備設置
平成21年 Aコート6面が人工芝となり、3年後にはBコート6面も人工芝へ
平成30年 創立70周年記念式典開催そして令和元年に創立71年目を迎えました。

会長名
担当者名
団体お問い合わせ先(電話番号)
団体お問い合わせ先(FAX番号)
連絡希望時間帯
団体公式サイト
団体お問い合わせ先(メール)
会員数

熊谷市ソフトテニス連盟より

大会開催予定

令和元年秋に開催予定をしておりました、
『第39回総理大臣杯全国ママさんソフトテニス大会』ですが、台風接近の為、下記期日に延期を致しました。なお、見学は無料となっております。
日 程  令和2年1月25日(土曜日)
場 所  彩の国くまがやドーム テニスコート(全16面)